支援者研修

 日々の関わりが、よりお子様の様子にあった関わりとなって実を結ぶよう、支援者(保育士、幼稚園教諭、学童職員など)を対象に、研修形式でのコンサルテーションを行います。講義による日々の実践を理論的に整理したり、グループワークによる意見交換、アイディア交換いった経験を通し、支援者としてのスキルアップを図ります。

​ぽけっとの支援者研修の特徴

①先生方の経験と、我々の持つ知見をマッチングしていきます。

 私たちがお見受けする先生方は、その子に合う関わりを、自然に、無意識的に、されていることがほとんどです。そうした先生方の関わりを、我々がもつ知見をもって理論的に捉えなおすことで、ご自身の関わりの意味や意義、必要性をより明確にすることができるでしょう。

②お子様の視点、保護者様の視点を交えて考えていくことで、どのように支援していくことができるかを考えます。

 今ある課題を多角的な視点で捉えなおし、その上で先生方としてはどんな関わりができるかということを、主体的に考えていただくことを大切にしています。

③先生方が持つ専門性を活かしてグループワークを行います。

 先生方は“集団を見る”プロフェッショナルです。グループワークを行うことによって、先生方お一人お一人が培われてきた経験、視点の違いやアイディアを共有し、先生方らしい支援のあり方を模索していきます。

④巡回訪問支援と並行してご利用いただくことができます。

 併用していただくことで、先生方お一人お一人の理解を実際の場面や様子と照らし合わせていくことができるので、更なる理解、スキルアップへとつながります。

​概要

会場
 貸し会議室等

形式

 講義形式(グループワークを含む)

参加対象

 園に所属する保育士や幼稚園教諭

 学童に所属する先生方

研修内容

 気になる子どもの発達の理解

 子どもや保護者への対応

 発達段階と育ちの理解

​ 事例検討 など

運動、ことば、心理などの専門性に特化したプログラム、保育経験の年数に応じたプログラム、新入職員研修、全体研修など、ご希望に合わせ、プログラムのテーマや形式(講義中心・グループワーク中心など)をご提案します。